ぎりぎりのぎり  

img1.png
禁断の果実中華カーボン....
カーボンは高級品。自転車製品においてもそれは変わらない。自転車を趣に始めたときそこまできにしなかったカーボン。だが情報、経験が増えるごとにその存在が脳裏をよぎり手を出したくなる。
カーボンフレーム、ステム、ハンドル、クランク.....プロは皆カーボンパーツを使用している。
が、しかし私のようなサラリーには到底手が出せない金額。ただでさえ必死で貯金してかったフレームよりもカーボンホイールの方が高いなんて事は何たる悲劇。
しかしカーボン製品のその独自の風合いや使い心地、やみつきになるのは必然である。
安くカーボン製品を手に入れる事は出来ないのか?一応ある.....

通称「中華カーボン」である

478ddcd5.jpg
詳しくは分からないが中華カーボンとはどこかのOEM製品なのか、それとも模造品なのかを突き詰めたい人もいるようだが人柱さん達のレポートを見る限り模造品であろう どこかの有名高級ブランドフレームに似た形をしており、フレームは1050gと非常に軽量なため怪しいのではないかとの意見も多いが 人柱さんたちのインプレッションを見る限りでは普通に使えそう(wiki抜粋)
というわけだが別にフレームが欲しい訳ではない。今回はホイール、特にカーボンリムが欲しいのだ!
zipp-303-cyclocross-IMG_3469-p.jpg
zipp303。いいですねー。憧れのホイールです。zipp製品はほんと大好き(持ってないけど)。SRAMと代理店同じだしなんとなく気持ちがいいしね。でもこれ正規で買おうとすると20万くらいするのかな。まぁ某3バトンメーカーとか超カーボンメーカーExxEとかに比べればまだ良心的なのかな。
カーボンホイールの特徴は軽いのは言わずもがなですが、なによりこのリムハイトがたまりません。なんやかんやでカーボンホイールが欲しい訳だが、クロスで使うのに高級品は頭が高いのでここで中華カーボン製リムを検討する。中華カーボンリムで侮れないのが、あんまり既製品で出回ってない38mmハイトのリムがあるということだ。
これがクロスの33cにマッチするんだな。てなわけでまた中華カーボンの進展があったら記事にします。


category: その他雑記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lessbutbetter.blog.fc2.com/tb.php/32-af0a001a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)