ニンジンいらないよ  

DSC_0006.jpg
クロスをやるときに必要不可欠でもないビンディングペダルのネタを.....
いままで使った事あるのはロード界のエルメスLOOKのMTBペダルとMTB界のグッチことクランクブラザーズのエッグビーターなのだが、どちらもなかなかの違いの差があるので簡単に紹介。
まずLOOKのほうだが(トップ画像)見て分かる通りなかなか大きい作りで重量も安価なタイプなのでちょっと重いかもしれない。構造はシンプルなSPDという感じで無難だ。ただ使用感はというとちょっと癖がある。
まずクリートとの接地具合は問題ない、大きめのペダルなので脚が疲れない感じはある。ただちょっと外しずらい。もともどロード用ペダルが多いメーカのせいかひねってもなかなか外れてくれない、私がへたくそなだけかもしれないけどね。あとはクリートがはまったときの音が無い。後に説明するエッグビーターは「カチャ」っとはまった音がするんだけどこいつはなんとなくモサッとくっつく。きづいたらくっ付いてたりする。
ただこいつは大きいからクリート付けなくても以外と踏めるのですぐ降りる場面などは付けなくてもいける感じだ。現場でもあんまり見かけないペダルだから評価はなんともいえないかもしれないですね。見た目は島野のそれよりは全然かっこいいんだけどね。
DSC_0008.jpg
これはもう超定番中の定番ですかね。エッグビーター。見た目は自転車のペダルなのかすら分からないデザインだがこれは4面構造になっていてどの位置にペダルが回っててもクリートにすぐにアクセスできる優れもの。
ただ見た目通り接地面積が少ないのでしっかりはめないとパワーロスは否めない。
非常に泥つまりしにくいのでクロスにはもってこいなので、会場ではかなり良く見かけた。値段も安価なバージョンからあるのでコストパフォーマンスも良い。私はどちらかというとエッグビーターのほうが使いやすいかなと思っているがここらへんはひとそれぞれだと思う。まだいろんなペダルがあるので気に入ったのがあればどんどん試していきたいと思う。

category: その他雑記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lessbutbetter.blog.fc2.com/tb.php/20-ac9cc365
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)