東北シクロクロス#2福島県猪苗代湖天神浜 day2 (UCI Class2)  

ffffffff.jpg
Cycleclub.jp参戦記.....
先日日曜日は東北シクロクロス猪苗代戦に観戦にきました。この猪苗代戦はUCIカテゴリー戦なので今後の勉強のためにいかないケータナはなし、ということでcycleclub.jp応援目的で参加。
会場の猪苗代なんですが、幼少期に家族旅行によくいっていて当時は遠方なイメージが強かったのですがなんと自宅のある新潟市内から100km弱で会場に行けるという好立地!いままで最寄りのレースは信州CXの飯山だと思ってましたが断然猪苗代でした。近いから旅行に行ってたんですねと。
磐越道猪苗代ICから15分もしないうちに会場につくのでアクセス良好。ただ付近にコンビニが一軒しかないので事前に補給品の準備は必要ですね。
xxxxx.jpg

uuuu.jpg

ssss.jpg

ttttt.jpg
会場に行くと早速ccjpメンバーがアップしていました。今回出場するのはC1では渡辺ナベテック氏と麩菓子アサヒ氏
L1に今井ポポポ選手の3名が参加。今回SSK氏はピットサポートのために足を運んでくれました。またファンが増えそうです。
ooo.jpg
参加選手はそこまで多くはないですがUCIレースなので会場はなかなかエリートな雰囲気。レースが近くなると緊張感が高まります。この雰囲気がレースの醍醐味ですね。
ど渋なスピードヴァーゲンファミリーの雰囲気はいつどこでもかっこいいです。
rrrrr.jpg
そんなこんなで最初のレースはL1となります。今井選手、先日から参戦してるレースでは表彰台に上っており非常に好調なシーズンインだったようですが今回はどうでしょうか。
猪苗代のコースは猪苗代湖、天神浜の砂浜を使ったパワー&スピードコース、砂浜に脚を取られ、休むところのないハイペースな森林セクションに今井選手はやや苦戦を強いられてました。序盤から3位をジャイアントLivの武井選手と争っていましたが周回を重ねるごとにジリジリと引き離されます。
qqqqqq.jpg
天神浜の砂はやや粘り気があり、もがくほどにパワーが逃げてしまう曲者のようです。今井さんのバイクにはマッド用のタイヤがセットしてあり無駄に砂を掘ってしまって砂浜セクションに大苦戦していました。後半に変えたスペアバイクのほうが進んだと後悔。機材選びもエリートクラスではシビアになります。
pppp.jpg
週を重ねるごとに押す回数が増える選手たち。
L1今井選手は4位でフィニッシュ。また課題が増えてましたが本人は前向き「練習だぜ」と。
bbbbb.jpg

dddddd.jpg
今回の今井選手のマシンセッティングです。
yyy.jpg
その後はカテゴリ1のレースです。40名弱の出場で序盤は混み合ったレース運びから
hhhhhhhh.jpg
周回を重ねるごとにじりじりと疲れがたまります。
iiiiiii.jpg

nnnn.jpg

jjjjjjjjj.jpg
前半はccjp渡辺選手からOCIデカオニさん、YBSヒロさん、スピードヴァーゲン矢野さんがいい感じに順位が連続していました。が、渡辺さん、ジリジリと離されて行ってしまい終盤は単走気味でした。やはり砂浜の攻略が難しかったようです。
zzz.jpg
旭さんも砂浜に苦戦、ちょっとしたメカ不調もあり最後尾気味で単走。
mmmmmmm.jpg
Tonic CX teamも苦戦気味でしたが走っていました。蛍光Tonic is cool!
lllllll.jpg
スピードヴァーゲンの濱選手が4位(公式リザルト未確認)と健闘。濱だけに砂浜でのパワフルな走りは強かったです。
eeeeee.jpg
というかんじでccjp的にはちょっと課題の残るレースだったのですが課題が明確になったとメンバーのみんなは前向きに感じていました。
aaaaaa.jpg
矢野さんが「試走で10回できたとしても本番ではできなくなってしまう」とポロッと言ってましたがそういう意味でも「速い」「上手い」だけでなく「強い」選手が表彰台に登れるのかなって気がしました。
自分はまったくレースに絡めるようなレースをしたことがないし、実力もないのですが。それでもなんとか一死むくえればと感じた観戦でした。

category: その他雑記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lessbutbetter.blog.fc2.com/tb.php/138-9eebbedc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)